• ホーム
  • Yahoo検索エンジンとGoogleの違い

Yahoo検索エンジンとGoogleの違い

2019年11月17日
パソコンを使う女性

検索エンジンごとにその特徴は少しずつ異なっています。例えばGoogleやYahooにも違いがあります。

傾向的に言うとGoogleはシンプルで見やすく、情報量の多いサイトを上位に表示することが多いです。とにかく情報を入手したいという方が素早く情報を手に入れられるようになっています。一方でYahooは子供でも分かりやすいようなサイトを上位で表示することが多いです。情報の量というよりは分かりやすさを重視しているといえるでしょう。これらは検索アルゴリズムの部分的な特徴であり、全てではありません。しかし、検索アルゴリズムの特徴は全てが公開されているわけではなく、ある程度傾向を予測するしかないのが実際のところです。GoogleとYahooで検索したときに、1ページ目に表示される内容がほぼ同じというケースもあります。ところが2ページ目以降には違いが大きくなるかもしれません。

検索エンジンの中でもGoogleはアップデートを積極的に行っているといえるでしょう。Googleの検索ページは非常にシンプルであり、検索を重視していることが分かります。また、画像検索など新しい検索の手段も積極的に取り入れています。Yahoo!は検索ページに様々な情報を表示し、検索以外にも力を入れていることがうかがえます。検索機能自体はオーソドックスなものといえるでしょう。どちらの検索機能が優れているということではなく、それぞれの方が好きな方を使っています。SEO対策としては幅広い検索エンジンに対応できることが重要となります。

コンテンツを充実させることは検索結果の中で上位に表示されやすくなることに繋がります。最近ではホームページ同士が検索結果などシェアするケースもあります。いずれにしてもコンテンツの内容を見やすくすることや多様なデバイスで表示できるようにすることは、SEO対策において極めて重要なこととなっています。シェアするにしてもしないにしても、利用者にとって使いやすいページを用意することがサイト運営で重要となります。

GoogleやYahoo!以外にも様々な検索エンジンがあります。海外からのアクセスを増やすためには、海外でよく用いられている検索エンジンに対応することが大切です。例えば中国には10億人をはるかに超える人口がいます。そこでよく利用されている検索エンジンに対応できれば、大きなアクセスアップにつながる可能性があるといえるでしょう。