• ホーム
  • SEO対策には中古ドメインが良いとされる理由!

SEO対策には中古ドメインが良いとされる理由!

2019年05月24日
パソコンを使用している男性

サイトを作成し、そこから広告費を得るというスタイルを採用している方もいます。
そのようなスタイルはアフィリエイトと呼ばれます。
アフィリエイトサイト制作の際にはいかにしてアクセス数を拡大するかが重要となります。

アフィリエイトサイト制作には中古ドメインが用いられることもあります。
中古ドメインはSEO目的で使えると言われておりますが、ドメインとしての実績があるため大きな効果を発揮するのです。
効果がある理由とはずばりドメインエイジを重ねていることが挙げられます。
ドメインエイジを重ねていると、それまでに実績があるとみなされやすくなります。
それゆえにオールドドメインを用いる方が少なくありません。
もちろん、オールドドメインが新規ドメインよりも絶対的に優れているということではなく、それぞれ目的に応じて選ぶことが重要となっています。

ホームページのアクセス数を増やすためにサテライトサイト制作を行うという方もいます。
サテライトサイト制作とは自サイトとは別にもう1つサイトを運営し、そちらから自サイトへの流入を狙うというものです。
サテライトサイト側にもアクセス数が集まるので相乗効果が生まれることもあります。

インデックススピードを高めたい場合はドメインの信用性を高めることが重要となります。
インデックススピードはバックリンク引継ぎを行うことによっても速くなる可能性があります。
バックリンク引継ぎを行うと、それまでのリンクから新しい自サイトへと流入させることも出来ます。
オールドドメインにはドメインパワーがありますが、その程度についてはドメインごとの違いもあります。
それゆえにドメインパワーをしっかりと確認しておくことが大切といえるでしょう。

ページランクという考え方もあります。
ページランクとは、ページにランク付けを行い、優先度をはっきりとさせることです。
中古ドメインを使用する際にも重要となります。
SEO対策を行うと、検索エンジンからの評価が高くなり検索結果の上位に表示されやすくなる可能性もあります。
評価はアルゴリズムによって決まる仕組みとなっています。
検索エンジンからの評価は、サイトの細かい部分まで含めて実施されます。
被リンクがたとえ多かったとしても、そのリンクの内容に問題があったときには評価が低くなってしまう恐れもあります。
そのため、リンクを繋いでSEO対策を行うときには、クオリティを含めた要素を細かく確認しておく必要があるといえるでしょう。