• ホーム
  • 順位が上がりやすいWebサイトの特徴とは?

順位が上がりやすいWebサイトの特徴とは?

2019年05月12日
パソコンを見る女性たち

検索エンジンの上位に表示されるためやアクセス数を増やすためにはモバイルユーザビリティが重要となります。モバイルユーザビリティとは、モバイル端末でそのホームページを閲覧したときの見やすさや使いやすさなどのことを言います。モバイルユーザビリティが意識的に実現されていると利用者にとって利便性が高くなります。それゆえにSEOにおいてモバイルユーザビリティは非常に重要となっています。マーケティングを行うこともSEO対策には有効となります。マーケティングを行うことにより、どういったサイトデザインにするかを決めることが出来ます。全く同じような内容を掲載していたとしても、サイトデザインが違うだけでアクセス数は変わってくることがあります。

SEOの定番ともいえるのがコンテンツ対策です。サイト内にコンテンツを配置して、閲覧者を増やすことをコンテンツ対策と言います。コンテンツが直接的なコンバージョンに結びつかなかったとしても、Webサイトのアクセス数が増える自体が大きなメリットとなります。SEO対策には大きく分けて外部対策と内部対策の2つがあります。外部対策は被リンクなど外側からの対策を言います。それに対して内部対策はコンテンツの充実や見やすさなど内部のことを言います。外部対策と内部対策の両方が充実していないと、検索順位は上がっていかないようになっています。それゆえに検索順位を高めたい場合は外と中の両方から対策を行っていくことが大切です。

Googleなどではアルゴリズムによって検索順位を決定していますが、アルゴリズムは定期的にアップデートされる仕組みになっています。つまり、いつも同じ基準で検索順位が決定しているとは限らないということです。それゆえにGoogleなどのアップデートの情報も入手しておくことが重要といえるでしょう。また、検索エンジンごとに傾向が少しずつ異なっています。アルゴリズムの傾向を踏まえて記事を更新していくとSEO対策になります。世間の関心事を記事に反映させることも重要となっています。関心事はアクセスが必然的に増えやすくなるので検索順位を向上させることに繋がります。しかしながら、世間一般が注目している記事を用意するサイトは少なくありません。その中で自分のWebサイトならではの特徴を出していくことが出来なければ、埋もれてしまうこともあるので注意しておくことが大切となっています。