• ホーム
  • 近年頻繁に起こっているGoogle大変動

近年頻繁に起こっているGoogle大変動

2019年09月04日

Googleでは、利用者が使いやすくなるようにサイトの表示順を工夫しています。しかし、世界中にはサイトが無数にあるので1つ1つのサイトを一目で見てチェックすることは不可能といえるでしょう。そこでGoogleはアルゴリズムを設定し、検索順位が自動的に決まるようにしています。アルゴリズムは定期的にアップデートされ、少しずつ基準が変更されることもあります。特に昨今では大幅なアップデートが行われるケースも多くなっていて、Google大変動とも呼ばれています。コンテンツを充実させる上ではアップデート内容を把握しておくことが重要といえるでしょう。

アップデートの際にはこれまでの基準で問題があるとされていたサイトが改めてペナルティを受けることがあります。特にペンギンアップデートやパンダアップデートではスパムや利便性の低いサイトの検索順位が下がりました。検索順位が下がったサイトが存在するということは相対的に順位が上がるということでもあります。アップデートのたびに重要な変動が発生するのでその対策を練ることが大切です。アップデートが完了した後はどのように順位が変動したかについて調べるのが一般的となっています。

SEO対策とは、決まったアルゴリズムに適応する施策を行うのではなく、その都度アルゴリズムに合わせた施策に対応していくものといえるでしょう。それまでに正しいとされていた施策が後々のアルゴリズムに合わなくなることも珍しくありません。Googleではアップデートの内容を公開しています。その内容と自サイトの特徴、検索順位の上昇及び変動などを踏まえて新しいSEO対策を考案していくことが求められます。

スパムを含むサイトやブラックハットSEOをしているサイトはペナルティを受けることになります。たとえ一度バレなかったとしてもアップデートによってバレることも少なくありません。それゆえにあくまで安全なサイト運営を行うことが重要といえるでしょう。アルゴリズムは基本的に利用者にとって利点があるように改良が行われます。そのため、利用者にメリットのあるサイト運営を意識しておくことが検索順位を高めることに繋がる可能性があります。

また、アクセス数を増やすことにも繋がります。SEO対策を行うときには一般の利用者の目線で必要なコンテンツを探したり、様々なデバイスで見やすいホームページを心がけたりすることが非常に重要となっています。Google大変動にマッチしていくことが検索順上昇には必要となります。