• ホーム
  • 中古ドメインのサブドメインによるSEO効果

中古ドメインのサブドメインによるSEO効果

2019年08月05日

中古ドメインを使用したSEO対策ではサブディレクトリが重要となります。サブディレクトリとは、ディレクトリの下の階層に作成されたディレクトリのことです。ホームページの中にはリダイレクト設定をしているところもあります。リダイレクト設定というのはホームページから違うページへと自動で移動する設定のことです。利用者にとって目的に合うページへと移動してもらいやすくなります。ただし、ホームページの利用者によっては自動ではない方が良いと考える方もいるので必ずしもリダイレクト設定が正解とは限りません。サイトの傾向や利用者の希望に合った設定をすることが重要といえるでしょう。

ドメインの中にはサブドメインと呼ばれるものがあります。メインドメインほどではないにしても、サブドメインもまた重要な要素です。WebサイトでSEO効果を高めたい場合はサブドメインについて注意しておくことが重要となります。サブドメインとサブディレクトリを選び分けることにより、不利な運用になりにくくなっていきます。運用に不利となる要素を克服し、有利となる要素を増やすことが出来れば検索エンジンからの評価が高まります。

ホームページはhttpから始まり、wwwなどが含まれます。URLで検索することも出来るのでURLもまた重要となっています。URLは世界中にある様々なホームページで使用されていますが、日本で使われるものにはjpなどが含まれるといった特徴があります。それゆえに外国のwwwを含むURLが被ることはあまりありません。しかしながら、日本だけでもたくさんのURLがあります。それゆえに日本の中で被ってしまう恐れがあるので注意しておきましょう。

URLは分かりやすいほど覚えられやすく、アクセスしてもらえる可能性が高まります。それゆえにシンプルな内容にしているサイトが多いです。他のホームページと被らないようにしつつ、印象的なURLにすることが重要といえるでしょう。

検索エンジンでの評価にはサイトの中と外の両方が含まれます。被リンクが増えていくと外部対策、高いSEO効果になります。被リンクなら何でも増えれば触れるほど良いというわけではありませんが、質の良いリンクが増えることで評価が高くなっていきます。それゆえに数を増やすだけでなく、質に問題がないかどうかについても調べておくことが大切です。もちろん、WebサイトのSEO対策においてはコンテンツなどの内部対策を行う必要性も高いといえるでしょう。