• ホーム
  • サテライトサイトに中古ドメインを使うと効果あり?

サテライトサイトに中古ドメインを使うと効果あり?

2019年07月16日

自サイトのアクセス数を上げるための1つの方法として、サテライトサイトを運営するという方法があります。サテライトサイトから本サイトへと流入出来れば、アクセス数が大幅にアップします。サテライトサイトに安定したアクセスがないと、有効な運営をすることが出来ません。それゆえにアクセス数をアップさせることも重要となります。

サテライトサイトに中古ドメインを使用することもあります。これは中古ドメインは信用性があり、インデックスされやすくなるからです。メインサイトとサテライトサイトの両方のアクセス数を増やすことが重要となっています。

サテライトサイトを運営するメリットとしては、メインサイトへの入り口が増えることが挙げられます。直接的なアクセスだけでなく、サテライトサイトからの流入が生み出されるので基本的にアクセス数はアップするといえるでしょう。また、サテライトサイトにはメインサイトの紹介などを記すことも出来ます。これにより、メインサイトの情報を広められる可能性もあります。メインサイトが速やかにインデックスされるようにしたい場合も有効な手段となっています。中古ドメインを使用することも1つの選択肢となります。

サテライトサイトを作成することへのデメリットとしては、管理に回る方が多くなるということです。メインサイトのみを運営していることに比べて、多くの人員を割かなければなりません。それゆえに人件費などがかかってしまうこともあります。更新頻度によってはなかなか効果が発揮できない可能性もあるので注意しておきましょう。

つまり、メリットとデメリットを踏まえて運営することが重要となります。サイトを運営する際にはその選定も大切です。選定が的確に行われていると検索エンジンからの評価が上がる可能性もありますので、精査しながら被リンクの数を増やしていくことも有効です。精査をすることによって、検索エンジンからの評価を高めることが出来ます。

検索エンジンからの評価が高くなると、検索上位に表示される可能性が上がりますので、その手段の1つとしてサイトからの流入を増やすということが挙げられます。流入を狙いすぎると逆に効果が薄くなることもあるので注意しておきましょう。どのような手段をとるにしても、施策を用意することがSEO対策には大切です。また、施策を行った後はその効果について分析や解析を行うことで今後に活かしていくことが出来ます。